運転代行の職種説明

運転代行のイラスト

飲酒をした人に代わって、その人と車を運ぶ事がお仕事の代名詞になっていて、道路交通法や刑法で飲酒運転の刑罰が厳しくなった平成元年あたりから出現してきた職種と思われがちですが、実は、お金持ちのお抱え運転手や飲食店専属の送迎ドライバーなど昔からハイヤーとか役員運転手としてある職種です。第二種免許が必要である事から人手が不足しがちで無免許でお客などを送迎する「白タク」が問題になった時期もありました。

運転代行のお仕事概要

お仕事内容 飲酒や病気などの諸事情で車の運転が出来なくなったお客様に代わって、お客様自身とお客様の車をご自宅などの指定の場所まで送迎する事が代表的なお仕事です。その他、企業や飲食店・結婚式場などの専属でスタッフやお客様をご指定の場所まで送迎するお仕事などもあります。
必要免許 普通第二種免許 (タクシーなどの旅客運送車用自動車などが運転可能)免許の種類に関する詳しい説明はこちらのページを参照して下さい。
お給料 平均月給 \226,911- (当サイト掲載会社平均第二種免許所持者)
※平均時給 \1,182- (第二種免許所持者の場合)
プラス歩合(件数と走行距離)ボーナス 給与形態には大きく完全出来高の歩合制と月給制と2つに分かれます。歩合制の場合は、お客様の利用料金が通常のタクシーの2~3倍程度から、その55%~60%が社員の取り分となります。月給制の場合は週に5日勤務で月平均22万円。営業成績の良い社員に関しては別途報酬を設けている会社も多い様です。車は会社自体で所有している事がほとんどで、車を持ち込んだり、ガソリン代が必要という事はほとんどありません。正社員としての雇用の場合は、普通第二種免許を取得している事が条件である事が多く、アルバイトでの雇用形態を採用している会社と半々ぐらいです。本業をもっている方が週末だけアルバイトで働いているケースも多いようです。
勤務形態 第二種免許を保持してる正社員と車輸送の為の普通免許を保持しているアルバイトと併用して、お客様に対応しているケースが多く見受けられます。勤務時間としては、現在多くの運転代行会社が、飲酒者を対象としたサービスを主としている事から、仕事のコアタイムが夜7時頃から翌2時頃までとなっています。 その為、そのコアタイムを中心として早番・遅番とローテンション制を採用している会社がほとんどです。大手の企業や飲食店・結婚式場などの専属ドライバーの場合は、その営業時間に準じて決まっている様です。
区切り線
区切り線
  • お勧め求人情報
  • 株式会社ザ・ウェイ 運送事業部
  • バナー広告を募集中!お好きなバナーデザインで、最も目立つ求人情報にできます。目立つバナーから求人情報の詳細へダイレクトジャンプ!他社より目立つことで、費用対効果がグッと上がるお得な掲載プランです。
  • このスペースへのバナー掲載料金は、月額100,000円(税別)です。やや高く感じられる方、安いけど効果のほどを知りたいという方、いろいろいらっしゃいます。もっとも求人効果の高い位置にバナー配置することで一人当たりの広告費はぐっと下がるかもしれません!
  • バナーには目立つように特徴を強調しましょう。価格に自信があるならその価格を目立つように表現します。大きさも考慮すべきですし配色も大切です。一目で特徴がわかれば、興味を持ったドライバーがより多く求人情報を閲覧すること間違いなしです。
  • スポンサー募集

スマートフォンからお出掛け先でも最新求人情報をチェック出来ます!QR読取⇒

携帯サイトでも条件を選んで求人情報を検索可能!そのまま応募も出来ます。